【注意】友人の紹介で転職するのはアリ?メリットやデメリットを徹底解説!





転職を考えているけれど、ハローワークや転職サイトを活用するのが面倒に感じている人もいるかもしれませんね。

そこで出てくるのが「身近な友人」からの紹介で転職はアリなのかという疑問です。

友人からの紹介で良い転職先を紹介してもらったり、友人が勤めている会社に空きができたからと転職を勧められるなんてケースもあるでしょう。

しかしその転職方法にはメリットとデメリットが存在します。

今回はそんな「友人の紹介での転職」という点に焦点を当て、メリットとデメリットの両方についてシンプルに解説していきたいと思います!

友人の紹介で転職するメリット

まずは友人の紹介で転職をするメリットです。

主に3つのメリットがありますので、一つずつチェックしていきましょう。

手軽に転職を済ませることができる

1つ目のメリットとして、手軽に転職を済ませることができるというメリットがあります。

手軽にと言うと聞こえが悪いですが、通常の転職よりも遥かにスピーディーなのです!

また選考が有利になるという点も大きなメリットでしょう。

場合によっては軽く履歴書をチェックし、面接で特に問題がなければ採用なんてスピード採用も珍しくありません。

友人から人事に「○○のような人で○○な魅力がありますよ~、信頼できる素敵な人材です♪」のような話が通っているだけで、一から面接を受けるのとは印象が段違いです。

応募→書類選考→面接→採用までの流れが圧倒的にスピーディーかつ、採用率も非常に高いのが友人からの紹介で転職するメリットなのです。

入社前に社内の情報を確認できる

次に入社前に社内の情報を詳しく確認できる点も大きなメリットと言えるでしょう。

例えばハローワークで求人を探すとなると、求人条件などはチェックできても社内の実情などをチェックすることは難しいです。

その企業の口コミをチェックしたり、同業種の口コミや実情などを調べるぐらいが限界でしょう。

それに対して友人からの紹介であれば、その会社の内部事情や雰囲気、仕事内容なども詳しく確認することができます。

その上で転職するかどうかを決めることができるというのは、大きなメリット・アドバンテージと言えるのではないでしょうか。

入社後に人間関係を築きやすい

最後に入社後に人間関係を築きやすいというメリットです。

これは友人と付き合いのある会社ではなく、友人が務めている会社に入社した場合のメリットですね

紹介してくれた仲の良い友人が、既に社内で人間関係を築いている。

それは新しい会社で一から人間関係を築くよりも、遥かに有利な状況と言えます。

また飲み会など退社後の付き合いも、程よい感じに楽しめるというメリットもありますね。

その会社の雰囲気にもよりますが、友人を起点に人間関係を構築できるというのは、人付き合いが苦手な人にとってはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

友人の紹介で転職するデメリット

様々なメリットを紹介してきましたが、ここからはデメリットについても触れていきます。

実は友人の紹介で転職する場合は、意外と大きなデメリットがつきもの。

そんな3つのデメリットについて触れていきますので、メリットだけに目を奪われずにしっかりチェックしていきましょう!

入社後に辞めにくい

1つ目のデメリットは入社後に辞めにくいという点です。

いざ入社してみたけれど思っていたのと違うと感じるのは、普通に転職をした場合はもちろん、友人の紹介だったとしてもあり得るもの。

仕事の内容や休日体系、残業具合など様々な点で「思っていたのと違う」と感じる部分が出てくる可能性があります。

そんな時に頑張れる範囲内であれば問題ないのですが、さすがにこれは辞めたいと思ったときも、友人に紹介してもらった場合は中々言い出しにくいもの。

友人に迷惑がかかってしまう、せっかく紹介してもらったのに裏切れない、などなど自分の考えとは別に友人への義理から辞めることができない人も少なくありません。

人によっては友人からの紹介が「足枷」になってしまうのは、将来にも響いてくる大きなデメリットと言えるでしょう。

友人に悪意がある場合も

また場合によっては友人に悪意がある場合があるというのも、デメリットの一つです。

悪意と言うほどではなくとも、一緒に働きたいと言う気持ちから色々と盛って伝えてくる人も少なくありません。

・忙しくて人が足りないから誘った
・ギスギスした人間関係が辛かった
・紹介料が入るから話を盛って誘った
・ブラックの辛さに誰かを巻き込みたい
・自分が辞める代わりの人材として誘った

などなど様々な思惑で紹介してくれる場合があります。

特につらいのは「入社したあとですぐに友人が辞めてしまった」なんてケース。

こういったケースも決して珍しい話ではなく、むしろ紹介ではよくある話です。

完全にフェアな情報ではなく、盛ったりねじ曲がった社内情報を伝え誘うケースも珍しくないので、友人からの紹介=安心して働ける会社と安易に信じることがないように気をつけましょう。

給与などの交渉がしにくい

最後のデメリットとして、各種交渉がしにくいという点が挙げられます。

例えば給与などが少なく感じた場合でも、中々交渉がしずらいです。

他には休日体系や残業の多さ、残業せずに帰宅したい日なども友人や先輩方に気を使い中々言い出せない人はかなり多いですね。

特に良い意味でアットホームな感じで採用された場合などは、逆に罪悪感を感じてしまい給与や休日などの交渉がしにくい部分が出てきます。

※仮に自分の給料があまりに安すぎて、休日出勤などが多く手当がつかないような場合でも言い出せない人は多いです。

元々満足行く内容であれば問題ないのですが、各種交渉や相談がしにくい、通しにくいのも友人からの紹介で入社する大きなデメリットと言えるでしょう。

本気の転職なら友人の紹介よりエージェントの活用

今回は友人からの紹介で転職するメリットやデメリットについてお話してきました。

メリット・デメリット
・友人からの紹介での転職は楽
・ハードルも低くすぐに入社しやすい
・友人がいるので人間関係も安心
・今後辞めにくく交渉や相談がしにくい
・会社の実情が全く違う場合も珍しくない

そして友人の紹介で入社後に、すぐに友人が辞めてしまい過酷な環境で自分だけが働かされるというケースも珍しく無いということを覚えておいてください。

もちろん友人からの紹介での転職が全て悪いというわけではありません。

ただ友人の紹介で転職をするメリットはあるのですが、やはりデメリットを考えるとそこまでオススメできる転職の選択肢ではないんですね。

正直な話、本気の転職を考えているなら転職エージェント1択で考えて良いでしょう。

転職エージェントを経由すれば(当然ではありますが)安心感が違いますし、給与をはじめとする各種条件も優遇される場合もあります。

また業界内の実情に詳しい転職エージェントなので、担当に応募先の企業に実情などを確認することもできます。

「転職」をする場合、あらゆる意味でサポートされるのが転職エージェントを活用した転職活動のメリット。

応募先企業も豊富で、採用までの流れも非常にスムーズかつサポートが手厚い。

だからこそ本気の転職を考えている人にこそ、転職エージェントを上手に活用して、むしろ活用し倒しての転職活動を強くオススメしますよ♪

おすすめの転職エージェント紹介

「友人紹介の企業に入社しても良いのか?」に関する詳しいアドバイスが聞きたい場合は、ぜひ転職エージェントに聞いてみましょう。

その企業の業界や事業内容によって、現実的なアドバイスをしてくれるはずです。

ここから現役の転職エージェントから見た、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

利用は無料ですので、転職活動に興味がある段階の方も聞いてみると有益な情報が手に入りますよ!

【リクルートエージェント】
求人数→約100,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職希望の全ての方。求人数の多さはエージェントNo.1。アプリが便利!

業界の知見や豊富な求人量をもとに納得度の高いアドバイスに定評があります!
【doda】
求人数→約90,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職を希望の全ての方。初めての転職活動でも親身になってくれます!

親身な対応力のあるアドバイザーが多いです。話しにくいこともしっかり聞いてくれる方が多いでしょう!
【マイナビエージェント】
求人数→約55,000
対応地域→首都圏・関西圏・東海圏
対応業種→全業種対応
お勧め層→若手向けの転職活動に強み。20代の方はおすすめ。

若手の方はぜひ!似たような若手の方の転職事例をもとに具体的なアドバイスや励ましをくれるでしょう!
【パソナキャリア】
求人数→約30,000以上
対応地域→首都圏
対応業種→全職種対応
お勧め層→初めての転職の方。とにかく細かい接点を取ってくれます!

転職の面談を5-6回行ってくれることも!何度もアドバイスが欲しい方にはピッタリです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です