【転職者必見】新型コロナウイルスと有効求人倍率の影響について




なんとなくニュースで耳にしたことがある『有効求人倍率』という数値。

『経済状況』が悪化するとよくマスコミも報道しますよね。

特に有名なのが『リーマンショック』の際に、就活氷河期と言われた時期には良く耳にしました。

この『有効求人倍率』というものは一体どのような指標なのでしょうか?

■『有効求人倍率』は景気によって左右される

有効求人倍率は『経済指標』のひとつ。

求職者1人あたり、何件の『求人』があるかを指すものになります。

計算式
『有効求人倍率』=有効求人数÷有効求職者数

例えば、日本の求職者数が100人だとして、求人が100枚あれば、

有効求人倍率は『1.0』となります。

一方、日本の求職者数が100人だとして、求人が50枚あれば、

有効求人倍率は『0.5』となります。

有効求人倍率が『0.5』という状況は、求人50枚を、100人で取り合うわけです。

椅子取りゲームのような状況が生まれ、仕事が見つからない人も発生されやすいというわけですね。

この『有効求人倍率』は、

景気などと一致して動くので『景気動向指数の一致指数』となっており、

『雇用動向』を示す重要な指標の1つになります。

さてこの『有効求人倍率』ですが、

2020年は『新型コロナウイルス』の影響により、経済そして企業の業績すらも崩れようとしています。

『新型コロナウイルス』の影響で『有効求人倍率』が、どのような変動をするのでしょうか?

■『新型コロナウイルス』と有効求人倍率

現在の『新型コロナウイルス』で、実際の『有効求人倍率』はどうなったのか?

最新版の『全国の有効求人倍率』を見てみましょう!

1986年~2020年(4月)における全国の有効求人倍率の推移を表すグラフ

https://ten-navi.com/hacks/)画像参照

グラフから分かる通り、『新型コロナウイルス前』の有効求人倍率は『1.62』が最高値で、

そこから『新型ウイルス後』の4月では『1.32』となっております!

2009年から日本はアベノミクスによる『経済成長』により、

『有効求人倍率』を伸ばしていましたが、『2019年』あたりを境に、経済の反転期を迎えていますね。

しかし、注目すべきなのは、

リーマンショックによる『不景気』と比べて、有効求人倍率は『約2倍』という事実。

まだまだ『求人』に関しては、まだ余地があるとも考えられます!

実は『有効求人倍率』が『1.0』を超えている場合は『売り手市場』と呼ばれています。

長い目で見れば、まだまだ戦うことができる雇用環境だと言えるでしょう。

■いまは転職を動くべきなのか?

もう一度先ほどのグラフのリーマンショックの部分を見てください。

1986年~2020年(4月)における全国の有効求人倍率の推移を表すグラフ

https://ten-navi.com/hacks/)画像参照

リーマンショックから『有効求人倍率』が元の水準まで復活したのは約5年かかりました。

その前のバブル期では約10年以上かかってます。

一度『有効求人倍率』が下降すると、元の水準に戻るまで約5~10年かっているんです。

『新型コロナウイルス前』の有効求人倍率は『1.62』でしたが、

その水準まで戻るのは10年かかるかもしれないのです。

その意味だと、有効求人倍率が『1.0』を超えている今のタイミングで、

転職活動を動いてみるのは理にかなっているかもしれません。

■転職活動における『新型コロナウイルス』とのうまい付き合い方は?

『新型コロナウイルス』の影響で、企業では『リモートワーク』や『残業規制』など、

今までの当たり前が少しづつ変わろうとしています!

そして雇用形態なども『正社員』を雇わずに、『個人事業主』のようなフリーランスに、

業務委託をするような仕事形式が増えていくと予想されています。

このように、『働き方』は以前に増して『多様化』する時代がきています。

その『多様化』したニーズにどう適応していくべきなのか?

■転職活動に特化したサービスを上手く活用してみましょう!

まずは『転職エージェント』に登録をしてみましょう!

『転職エージェント』であれば、『新型コロナウイルス』でも影響を受けにくい企業を紹介してくれます。

はじめての転職活動でも、スケジュール、書類の書き方、企業選び、面接対策まで

しっかりアドバイスをくれるのが魅力的です。

しかも求職者の方に、お金は一切かかりません!

『新型コロナウイルス』の転職市場に詳しいプロに話を聞くのがおすすめです。

また、実際にこの転職サービスを使って内定をしても、その企業に入社するかは別の話です。

しっかり仕事内容、待遇、社風、人、柔軟な勤務形態に納得した会社が見つかった時点で

入社を判断すればよいのです!

転職しようと迷っているのであれば、まずは以下のサービスに登録するところから始めましょう。

■おすすめ転職エージェント

【リクルートエージェント】
求人数→約100,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職希望の全ての方。求人数の多さはエージェントNo.1。アプリが便利!

業界の知見や豊富な求人量をもとに納得度の高いアドバイスに定評があります!
【doda】
求人数→約90,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職を希望の全ての方。初めての転職活動でも親身になってくれます!

親身な対応力のあるアドバイザーが多いです。話しにくいこともしっかり聞いてくれる方が多いでしょう!
【マイナビエージェント】
求人数→約55,000
対応地域→首都圏・関西圏・東海圏
対応業種→全業種対応
お勧め層→若手向けの転職活動に強み。20代の方はおすすめ。

若手の方はぜひ!似たような若手の方の転職事例をもとに具体的なアドバイスや励ましをくれるでしょう!
【パソナキャリア】
求人数→約30,000以上
対応地域→首都圏
対応業種→全職種対応
お勧め層→初めての転職の方。とにかく細かい接点を取ってくれます!

転職の面談を5-6回行ってくれることも!何度もアドバイスが欲しい方にはピッタリです。

『新型コロナウイルス』で、求人数が減っていますが、

『有効求人倍率』は、まだリーマンショック時を下回っていないので、転職するなら『今』がチャンス!

まずは上記の『転職エージェント』を活用して、更なるキャリアアップを目指しましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です