面接で重要な逆質問の3つのポイント!好印象な質問を返そう!




「最後に何か質問はありますか?」
「弊社で不明な点はありますか?」
「仕事での疑問点はありますか?」

面接の最後で投げかけられるこんな質問。実はこの返答が合否に大きく影響してきます。

 

  • 待遇について聞いてもいい?
  • 特に質問が浮かばない時はどうすればいい?
  • どうすればアピールにつながる質問になる?

 

今回は、そんな思いを持っている方向けに、面接における質問に対して質問で返す逆質問のシーンをビシッと返せるように、逆質問の要点についてまとめましたのでチェックしてみてください。

ポイントは、「逆質問は最後のアピールの場!待遇については聞かずに意欲がアピールできる内容を聞く!」です。

詳しく見ていきましょう。

 

面接の逆質問で意識するべき3つのポイント

面接の逆質問で意識するべきポイントは主に3つです。

いずれも重要なポイントですので、しっかりと要点をおさえて好印象を持たれる逆質問を投げかけましょう。

逆質問の意図を理解する

まずは質問の意図を理解することが大切です。

面接でほぼ必ず訪れる逆質問のシーンですが、面接官からするとどんな意図があるのでしょうか。

・応募者の意欲を確認する
・とっさの応用力を試している
・コミュニケーションの力を確認する

逆質問前の問いかけは様々ですが、実は上記のような意図があるのです。

面接官からの質問によって回答(逆質問)は少し変わってきますが、最終的には「最後の自分のアピールの場」と考えれば、逆質問のシーンも怖くありません!

返し方にもマナーがある

ちなみに逆質問の際には最低限の返し方のマナーがあります。

・事前に調べればわかることはNG
・給与や休日、残業時間などもNG
・面接官が答えられないことをもNG

主に上記の内容については逆質問しない方が良いでしょう。

例えば企業の社風や主力商品などを質問することは、逆に企業について調べていないことを露呈してしまいます。

 

また給与や休日など採用条件ばかりを突っ込んで聞くのも、場合によってはマイナスの印象を与えてしまいます。転職エージェントを利用されている場合には、面接後にキャリアアドバイザーを通して聞くようにしましょう。どうしても聞きたい場合には、意欲を伝える質問をしてから、最後に少し申し訳なさそうな雰囲気を出して質問するようにしましょう。

実際に、「待遇にしか興味がないように思えた」という理由でお見送りになるケースも多いです。

 

また、面接官が答えられないような質問、答えにくい質問などもコミュニケーションに難有りとみなされてしまいますので、控えたほうが良いでしょう。

※企業に関連する内容なものの、面接担当者が部署違いだったり専門的過ぎる内容を得意げに質問し、結果として面接担当者の顔を潰してしまう質問は論外です。

相手に不快な印象を与えず、自分の積極性をアピールするような内容で返す。

それが逆質問のマナーと覚えておいてください。

やる気をアピールしていく

最後の逆質問でどんな内容を返せば良いのかという点について気になる人が多いと思います。

これは質問内容次第で変わってくるので、一概にはなんとも言えない部分です。

ただ、大体の面接官は大まかに「何か聞きたいことはありますか?」のようなニュアンスで投げかけてくるので、そういった場合は「やる気のアピール」に繋がる返しが無難です!

・入社までに準備(勉強)しておくべきことは何でしょうか!
・御社で結果を出す人に共通している点などはありますか?
・御社が現場(職場)で大切にしている考えがあればお聞かせください!

こういった入社後の熱意、やる気が見えるような質問を返すのが印象アップに繋がります。

しかし、上記のような質問も悪くはないのですが、非常にありふれている質問です。面接官も何百回と耳にしている質問でしょう。

よりいい印象を与えるためには、以下のようなポイントを意識しましょう。ここまでできている人はあまりいません

いい評価につながる質問

1.事前によく調べ、自分なりの仮説をぶつけている質問

例:御社の収益内訳をみると、●●が一番大きくなっています。しかしコロナウイルスの影響もあり、今後は▲▲の事業が伸びていくのではないかと思いますが、御社としてはどうお考えですか?

<評価ポイント>

  • 会社のHPや情報をしっかり調べている印象がある
  • 自分なりの仮説を立てているので、仕事においても能動的に働いてくれそう

 

2.実際に働くことをイメージしている質問

例:現職では新規営業を行う際に、ある程度自分で戦略を立てながら新規顧客リストを作っているのですが、御社での新規営業の際の顧客獲得方法はどのような手法になりますか?

<評価ポイント>

  • 具体的な場面を想定して質問を考えてきている
  • 受け身でなく前向きな印象が伝わる

これが面接の締めに印象をアップさせる秘訣だと覚えておきましょう。

 

面接での逆質問は絶好のアピールポイント

今回は面接での逆質問について色々とお話してきました。

・まずは逆質問の意図を理解しよう
・相手を不快にさせない返しを意識
・やる気をアピールする逆質問がベスト
・変にひねった返しは逆効果の場合も
・とにかくやる気や熱意を前面に出していく

極端な話をすれば1日に何人も面接をするような場合、面接官も忙しいです。

一人ひとり「最後の逆質問でこんな返しをしたから、この応募者はこうこうこういう理由で有望だ」なんてメモすることは稀です。

どちらかと言えばその前の面接のやり取りで基本的な部分を見た上で、「逆質問で熱意◎、コミュ力◎」ぐらいに評価されるぐらいと思っておくと良いでしょう。

だからといって逆質問を軽視して良いわけではありません。

・熱意◎、コミュ力◎
・熱意△、コミュ力△

では総合的な評価に大きな差が出ますし、最後の逆質問でどもってしまったり、質問内容の感じが悪いとマイナス評価から不採用に繋がりかねません。

良い意味で無難かつ熱意ややる気を全面に出し、ポジティブかつ有望な人材だと思ってもらえるよう最後まで気を抜かず、感じの良い逆質問で好印象をアピールしていきましょう!

【追記】特にありませんは厳禁

ちなみにですが、面接の最後の逆質問の場で「はい、特にありません…」と返すのは、できればやめたほうが良いです。

もし質問の内容に対して上手く返せない場合は、
「もともとは●●をうかがいたかったのですが、本日の面接で丁寧にご説明いただきましたので今は特にありません。ご説明ありがとうございました。」
など、面接官をたてながらお伝えするのも選択肢の一つです。

繰り返しになりますが、面接は様々な要素をチェックされますが、やる気や熱意をチェックされる場でもあります。

ポジティブな印象を面接官に与えることができるように、今回の内容を逆質問の場で活かして採用につなげていきましょう!

面接対策にも強い!おすすめの転職エージェント紹介

逆質問の仕方など、面接対策に関する詳しいアドバイスが聞きたい場合は、ぜひ転職エージェントに聞いてみましょう。

ここから現役の転職エージェントから見た、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

利用は無料ですので、転職活動に興味がある段階の方も聞いてみると有益な情報が手に入りますよ!

【リクルートエージェント】
求人数→約100,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職希望の全ての方。求人数の多さはエージェントNo.1。アプリが便利!

業界の知見や豊富な求人量をもとに納得度の高いアドバイスに定評があります!
【doda】
求人数→約90,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職を希望の全ての方。初めての転職活動でも親身になってくれます!

親身な対応力のあるアドバイザーが多いです。話しにくいこともしっかり聞いてくれる方が多いでしょう!
【マイナビエージェント】
求人数→約55,000
対応地域→首都圏・関西圏・東海圏
対応業種→全業種対応
お勧め層→若手向けの転職活動に強み。20代の方はおすすめ。

若手の方はぜひ!似たような若手の方の転職事例をもとに具体的なアドバイスや励ましをくれるでしょう!
【パソナキャリア】
求人数→約30,000以上
対応地域→首都圏
対応業種→全職種対応
お勧め層→初めての転職の方。とにかく細かい接点を取ってくれます!

転職の面談を5-6回行ってくれることも!何度もアドバイスが欲しい方にはピッタリです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です