【男女別】面接で印象の良い服装を学ぼう!!




人は見た目が9割と良く言われます…

「面接で良い印象の服装を知りたい」
「面接で評価が下がる服装は避けたい」
「服装でマイナスにならないよう面接を受けたい」

そのように思ったことはありませんか?

面接は対面で行うため、その人の見た目や仕草なども含めて様々な部分がチェックされます。

その中でも特に重要視されるのが「服装」です。

そこで今回は面接時の服装についてお話していきたいと思います。

男性と女性に分けて面接時の服装について解説していきますので、面接時の服装に疑問や不安がある方は参考にしてみてください。

 

面接で印象の良い服装~男性編~

まずは男性の面接で印象の良い服装についてお話していきたいと思います。

中にはいくつか見落としてしまいがちなポイントもありますので、一つずつしっかりとチェックしていきましょう。

男性は基本スーツを選ぶ

基本的なことではありますが、男性の面接時の服装はスーツがデフォルトです。

男性の服装
・色は黒、ネイビー、ダークグレイのスーツ
・ネクタイは無地や小紋、ストライプ柄が無難
・シャツは白で襟や袖口の汚れに注意
・靴は黒の革靴を選んでおくのが無難
・ベルトや時計などは派手なものは厳禁

※もちろん業種・業界によっては上記が当てはまらない場合もあります。

基本的にネクタイ以外は柄物ではなく、無地の落ち着いた雰囲気のアイテムを選ぶことが大切です。

意外とこの基本を外れてしまっている人が多いので、変に個性を出そうとせずに基本に忠実な服装でいることが印象を良くする秘訣だと覚えておきましょう。

※ちなみに面接には手ぶらで向かうのは、無難なビジネスバッグを持ち臨むのが良いでしょう。

私服指定の場合はビジカジスタイル

先ほどの項目ではスーツが基本とお話してきましたが、スーツがNGで私服で面接に来るよう支持があるケースもあるでしょう。

そんなときはビジカジ(ビジネスカジュアル)スタイルで面接に臨むことをおすすめします。

・ジャケット
・チノパン or スラックス
・革靴

これらの組み合わせであれば、ビジネスシーンでも通用する落ち着いた雰囲気、良い意味でデキる社会人の雰囲気を醸し出すことができますからね。

決して私服指定の面接の場合に「ラフ過ぎる普段着」で向かうことがないように注意しましょう。

面接で印象の良い服装~女性編~

ここからは女性の面接で印象の良い服装についてお話していきます。

ついつい見落としてしまうポイントもありますので、しっかりチェックしていきましょう。

女性も基本はスーツ

女性の面接時の服装の基本はスーツがベスト!

女性の服装
・パンツかスカートスタイルかは業種次第
・インナーは白で透け感がないものが良い
・胸元が空きすぎるインナーは避けておく
・ストキングはナチュラスストッキングが無難
・靴はシンプルな黒のパンプスが好印象

各アイテムともに派手すぎるものは控え、社会人として落ち着いた雰囲気のもので揃えることが大切です。

また転職や2度目の就活の注意点として、新卒以外はリクルートスーツは控えるべきという点を覚えておきましょう。

どうしても頼りない印象が前面に出てしまうので、フレッシュさを武器にする新卒時の面接以外は、新たに面接用のビジネススーツを準備するのがスマートと言えます。

私服の場合はオフィススタイル

次に女性が私服で面接に臨む場合ですが、ビジカジスタイルと言うよりはオフィススタイルを意識するのが良いですね。

・ジャケット
・ブラウス
・シャツ

パンツスタイル、スカートスタイルは職種に応じて選ぶとして、基本的にはカジュアルすぎるアイテムを避けてコーデするのがオススメ。

※スカートの場合は短すぎるスカートを避け、インナーも薄すぎたり胸元が空きすぎるものは控えましょう。

またうっかりデニムなどを取り入れてしまう人もいますので、私服面接の場合もカジュアルスタイルではなくオフィススタイルを意識し、服装を整え臨むのが社会人としての嗜みです。

なお、この記事でも女性向けのスーツに関して詳しく解説をしてます!

【重要】女性が転職で落ちるスーツと印象の良いスーツの違い

2020年12月7日




面接時の身だしなみでNGなもの

最後に男性女性ともに面接時の身だしなみでNGなものを少し紹介していきたいと思います。

普段当たり前のように身に着けていると見落としがちな例が下記の小物です。

・高級時計
・派手な革靴
・派手なアウター

時計や小物などは、(高級店などで働く場合は別ですが)基本的には無難なものにしておくのがベスト。

革靴は茶系だったり先が尖っているもの、革靴だけれど柄が入っているものなどは避けたほうが良いでしょう。

またコートなどアウターは「このぐらいなら大丈夫だろう」と気を抜いてしまいがちな部分です。

アウターも意外と服装の一部としてチェックされていますので、落ち着いたものを準備しておきたいですね。

特に冬場の面接の際には、今後のことも考え落ち着いた雰囲気の「ビジネスコート」を準備しておくのが良いでしょう。

面接の服装は採用に直結する重要な要素

今回は男女別で面接時の服装について色々とお話してきました。

まとめ
・男性も女性も基本はスーツで面接に臨む
・無地で落ち着いた服装で派手な柄は避ける
・靴や小物にも気を使い社会人として好印象に
・私服の場合はビジネス、オフィスを意識した服装で
・リクルートスーツは新卒時の面接以外は避けた方が無難

上記が今回の要点ですが、意外と数点見落としている人が多かったりします。

もし見直すべきポイントがあれば、たかが服装と軽視せずに面接時に好印象になるよう切り替えていきましょう。

既に全ての項目を当たり前のように実践できていた人は、改めて確認できたことで自信を持って面接に臨んでください。

それでも不安を感じている人は、面接の応対で好印象を残せるように「模擬面接」などを、転職エージェントなどのサポートサービスを積極的に活用して仕上げていくことをおすすめします。

服装と応対の両方が一定水準以上であれば、採用される確率はグッと高まります!

見た目が8割なんて言葉があるぐらいですから、面接時の服装を軽く見ることなく、しっかりと整えて面接に臨みましょう!

おすすめの転職エージェント紹介

面接の服装に関する詳しいアドバイスが聞きたい場合は、ぜひ転職エージェントに聞いてみましょう。

ここから現役の転職エージェントから見た、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

利用は無料ですので、転職活動に興味がある段階の方も聞いてみると有益な情報が手に入りますよ!

【リクルートエージェント】
求人数→約100,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職希望の全ての方。求人数の多さはエージェントNo.1。アプリが便利!

業界の知見や豊富な求人量をもとに納得度の高いアドバイスに定評があります!
【doda】
求人数→約90,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職を希望の全ての方。初めての転職活動でも親身になってくれます!

親身な対応力のあるアドバイザーが多いです。話しにくいこともしっかり聞いてくれる方が多いでしょう!
【マイナビエージェント】
求人数→約55,000
対応地域→首都圏・関西圏・東海圏
対応業種→全業種対応
お勧め層→若手向けの転職活動に強み。20代の方はおすすめ。

若手の方はぜひ!似たような若手の方の転職事例をもとに具体的なアドバイスや励ましをくれるでしょう!
【パソナキャリア】
求人数→約30,000以上
対応地域→首都圏
対応業種→全職種対応
お勧め層→初めての転職の方。とにかく細かい接点を取ってくれます!

転職の面談を5-6回行ってくれることも!何度もアドバイスが欲しい方にはピッタリです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です