【重要】女性が転職で落ちるスーツと印象の良いスーツの違い




就活や転職で服装選びは非常に大切なポイントです。

女性もスーツ選びで面接の印象に雲泥の差が生まれます。

だからこそ今回は女性が就活・転職で落ちるスーツ、印象の良いスーツの違いについてお話していきたいと思います。

スーツ選びに不安を感じている女性や、今のスーツで大丈夫か不安を感じている女性は是非参考にしてみてください。

女性が転職時に意識するべきスーツ選びのポイント

それでは早速、女性が転職時に意識するべきスーツ選びのポイントについてお話していきたいと思います。

基本をおさえた上で「業種に合ったスーツ」を選ぶことが大切と言われますが、基本さえおさえておけば多少のズレがあったとしても問題ありません。

何より大切な「採用される可能性を上げるためのスーツ選びのポイント」を解説していきますので、各項目をしっかりとチェックしてみてくださいね!

パンツとスカートはどっちが良い?

まず女性がスーツを選ぶ際に悩むポイントとして、パンツスーツ、スカートスーツが挙がりますね。

これが「業種に合ったスーツ」を選ぶということに繋がりますが、これが中々難しいもの。

一つの基準としては、受付や事務職の場合には落ち着いた雰囲気のスカートスタイル。

営業などの場合には動きやすいパンツスタイルが良いでしょう。

色はグレーやネイビー、グレーあたりが無難です。

ネイビーや黒は落ち着いた印象なので受付、事務職にオススメですし、グレーであれば信頼感が増す営業やブライダルシーンなどで好まれます。

この辺りは転職を希望している企業のサイトをチェックし、女性社員がどういったスーツを着ているかをチェックして合わせるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

 

サイズ感が非常に重要

意外とできていないのがジャストサイズのスーツ選びです。

少しゆとりのあるサイズを選んでしまうと、場合によってはルーズな着こなしに見えてしまうことも。

逆にタイトに見せようとワンサイズ下のスーツを選んでしまうと、変にパツパツになってしまい印象が良くなかったり、体のラインが出てしまい変な色気がマイナスに出てしまうこともあります。

良い意味でジャストサイズのスーツを選ぶことが大切ですので、購入時には「ゆとり(遊び)が少なめでフィット感重視」などと伝えて選ぶのが良いでしょう。

また前回の就活・転職活動からしばらく間が空いてしまうと、少し体系が変わりスーツのフィット感も変わってしまうケースもあります。

少しぐらいなら問題ないのですが、鏡で見て違和感を感じるようであれば素直に新しいスーツを購入することをおすすめします。

 

色気を出すスーツはNG

先の項目でも少し触れましたが、変に色気が出てしまうようなスーツ選びはNGです。

色合いがセクシーなものもそうですが、デザインやサイズ感で色気が出てしまうスーツは就活や転職時に着用するスーツとしてはふさわしくありません。

もちろん色気が採用につながるケースが絶対に無いとは言いません。

ですが、基本的に採用担当者が色気やセクシー度で採用を有利にすることは稀です。

「かなり色っぽい人だけど、採用するかどうかで見たら見送りだな」なんて思われてしまうことのほうが多いのです。

だからこそ色気ではなく誠実さや快活な印象などを与えることができる、ビジネスシーンに適したスーツを選ぶことが重要だと言えるでしょう。

 

実はNGなリクルートスーツ

これは意外とやってしまっている人が多いのですが、いつまで経ってもリクルートスーツで転職活動をしている人がいます。

新卒のときに購入したリクルートスーツは、フレッシュさを全面に出すデザインが多いです。

20代前半までは問題ないかもしれませんが、社会人として経験を積んだ女性が着るスーツではないんですね。

逆に仕事ができない、いつまでも未熟なままの印象を採用担当者に与えかねません。

それでなくてもリクルートスーツ=新卒専用のスーツと認識している採用担当者もいるぐらいです。

だからこそリクルートスーツは転職時には選ぶべきスーツではない認識を持ち、大人の女性が着こなす落ち着いたスーツを選ぶことが大切なのです。

できることなら20代前半の転職の際に使うぐらいで、それ以降はリクルートスーツは卒業して、落ち着いた雰囲気のスーツを新調してみてはどうでしょうか。

 

気をつけるべき細かな部分

最後に気をつけるべき細かな部分についても触れておきましょう。

・ストッキングは必須
・カジュアルなバッグはNG
・アクセサリー類は控えよう
・過度なネイルは避けましょう

この中で意外とやってしまいがちなのがストッキングの有無、そして色の間違いです。

基本的には黒色やタイツは避けて、ナチュラルなベージュ系の色を選ぶのが良いでしょう。

派手なバッグやアクセサリー類、その他の小物などは転職時、面接時などに控えることは分かっていても、ストッキングでついうっかり間違った選び方をしている人がいます。

先に挙げたスーツ選び+細かな部分まで気を使うことでスーツ姿の印象が段違いに良くなります!

他の応募者と差をつけるためにも、細かな部分にも気を配り、自信を持って転職活動を行っていきましょう。

 

デキる女性のスーツ姿で就職・転職で差をつける

今回は女性の転職時のスーツ選びについて色々とお話してきました。

・パンツ or スカートは業種によって使い分ける
・サイズ感は良い印象を与えるために重要な部分
・変に色気を出してしまうとマイナス要素になってしまう
・リクルートスーツは新卒 or 初回の転職以降は控えたい
・ストッキングは黒やタイツは避けてナチュラルベージュが良い

もちろん上記は基本的なことなので、業種・職種によっては当てはまらないケースもあります。

それでも今回の内容は基本となる部分ですので、絶対に知っておきたい知識でもあります。

そして今回お話した全てを実践できている人は意外と少ないもの。

だからこそ細かな部分まで気を使ったスーツ姿は、他の応募者と一歩違ったデキるオンナの雰囲気を醸し出します!

今回の内容をチェックし、もし改善できる部分があったならば即改善して、デキるスーツ姿で面接や就活に臨みましょう。

【男女別】面接で印象の良い服装を学ぼう!!

2020年12月7日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です