【SPI・適性検査】転職するならSPI対策を!有利に立ち回るためのコツを紹介!





転職の採用試験に導入されることも増えてきたSPI!

新卒採用だけではなく、中途採用・転職の試験としても導入している企業が多く、転職活動で不安を感じる人も多いようです。

またSPIの内容がうろ覚えであったり、SPI対策自体をしていない人も少なくありません。

そこで今回はSPIの基本的な内容からオススメの対策方法についてまとめてみました!

万全の体制で転職活動をスタートさせたい人は是非チェックしてみてくださいね。

そもそもSPIとは?

まずは「そもそもSPIってどんなものだっけ?」と思う方へ向けて、SPIの基本からお話していきましょう。

正式名称は「SPI総合検査(Synthetic Personality Inventory)」で、その略称としてSPIと呼ばれています。

リクルートが提供している適性試験で、適性テストと能力テストの2つを判断するために用いられます。

行動や意欲、情緒やライスケールを判断するのが適正テスト。

そして言語分野と非言語分野(ざっくり言えば国語と算数)をメインとする能力テストにわかれ、いずれも採用時に重要視される項目です。

SPIテストには4種類の実施方法がある

ちなみにSPIテストには4種類の実施方法があります。

企業によってどの方法を取り入れているのかが変わってきますので、一通りのテスト方法を知っておきましょう。

Webテスティング

まずはWebテスティングについて。

Webテスティングはその名の通り、インターネットに接続できるパソコンから受験する方法です。

基本的には指定された受験期間内で、都合の良い日時に受験する形となります。

中途採用・転職でSPIを行う場合はWebテスティングが採用されることが多く、スタンダードなテスト方式の一つですね。

テストセンター

次にテストセンターでの試験について。

この方式はリクルートキャリアが用意する会場のパソコンで受験する方法です。

指定された受験機関の間で都合の良い日と会場を予約してから受験する形となります。

今ではそこまで多い方式ではありませんが、こういったテストセンター(会場)でSPIを行う場合もあると覚えておきましょう。

インハウスCBT

また応募先の企業に出向いてテストを行うインハウスCBTという形式もあります。

これは応募先企業のパソコンを使って受験する形式ですね。

ちなみに応募先企業でテストを行うという都合上、テスト前後の立ち振舞がチェックされることもあります。

そこまでガチガチにチェックされるわけではないですが、印象が悪くなるような立ち振舞をしないように注意することが大切ですね。

ペーパーテスト

最後にペーパーテストについてです。

この方式は応募先の企業、もしくは用意された会場でマークシート式のペーパーテストを行います。

企業内の会議室などのスペース、もしくは外部のレンタル会議室やミーティングルームなどで(SPIに限らず)ペーパーテストを行った経験がある人もいるのではないでしょうか。

最近ではパソコンでの試験が主流ではあるものの、ペーパーテストを導入している企業はまだまだ多いです。

ペーパーテストの場合は「マークシートのチェックが一つずれていた!」なんてことがないように注意してテストを受けるようにしましょう。

SPI対策を十分に行わない人が多い!?

転職エージェントで多くの求職者とお会いする中で思うのが、このSPI対策を十分に行わない人が多いということです!

転職支援をしていて、十分に対策したという人は10人いたら1-2人くらいです。

全く対策をせずに挑んだという方は10人いたら2-3人くらいいます。

これは逆に言えば、対策さえすれば選考でアピールになるということです!

SPIは出題される問題に傾向がございますので、そこさえしっかりおさらいをしておけば、必ず解けるようになる仕組みになってます。

企業の人事担当は、仕事でもやることに対してしっかり準備して臨んでくれる方かどうかを確かめるために、SPIの試験を活用しているという会社もあります。

ちゃんと対策をして、志望企業にアピールをしていきましょう!

SPI対策を行ってくれる転職エージェントを活用

そして肝心の転職時のSPI対策ですが、これはズバリ、転職エージェントの活用がオススメです!

もちろんSPI対策の本(問題集)などを購入し、自分なりに対策をしていくことも大切ではあります。

最近のSPI対策問題集などは中々に充実しているので、それだけでも悪くない対策と言えるでしょう。

ですが、やはり「転職」を本気で成功させたいと考えるならば、それに特化した転職エージェントをフルに活用するのがスマートな方法!

転職エージェントを上手に活用し専門のサポートを受けることで、より濃い対策が可能なのです。

各企業の様々な情報を持っている転職エージェントだからこそ、転職先企業の問題の傾向、またインハウスCBTなど企業内でテストを行う場合は、実は見られているポイントなどを知っているケースもあります。

だからこそピンポイントで転職を成功させたい人ほど、転職エージェントを上手に活用するべきだと言えるでしょう。

また無料で利用できるにも関わらず、非常に濃いサポートをしてくれる点も見逃せませんね!

転職エージェントを上手に活用し万全のSPI対策を!

今回はSPI対策について様々な視点でお話をしてきました!

問題集などを活用し自身でSPI対策を行うことも大切ですが、本気で対策するならSPI対策に力を入れている転職エージェントを活用することを強くオススメします。

なにせ転職に特化した視点でSPI対策ができるので、なんとなく対策をしている人、自己流で対策をしている人たちとかなり差をつけることができます!

転職で有利に立ち回りたい、少しでも合格(採用)の確率を上げたいと考えている人は、SPI対策に力を入れている転職エージェンを上手に活用し、望む企業への転職を成功させましょう♪

おすすめの転職エージェント紹介

SPIに関する詳しいアドバイスが聞きたい場合は、ぜひ転職エージェントに聞いてみましょう。

ここから現役の転職エージェントから見た、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

利用は無料ですので、転職活動に興味がある段階の方も聞いてみると有益な情報が手に入りますよ!
SPIの具体的な対策方法も必ず教えてくれます!

【リクルートエージェント】
求人数→約100,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職希望の全ての方。求人数の多さはエージェントNo.1。アプリが便利!

業界の知見や豊富な求人量をもとに納得度の高いアドバイスに定評があります!
【doda】
求人数→約90,000
対応地域→全国
対応業種→全業種対応
お勧め層→転職を希望の全ての方。初めての転職活動でも親身になってくれます!

親身な対応力のあるアドバイザーが多いです。話しにくいこともしっかり聞いてくれる方が多いでしょう!
【マイナビエージェント】
求人数→約55,000
対応地域→首都圏・関西圏・東海圏
対応業種→全業種対応
お勧め層→若手向けの転職活動に強み。20代の方はおすすめ。

若手の方はぜひ!似たような若手の方の転職事例をもとに具体的なアドバイスや励ましをくれるでしょう!
【パソナキャリア】
求人数→約30,000以上
対応地域→首都圏
対応業種→全職種対応
お勧め層→初めての転職の方。とにかく細かい接点を取ってくれます!

転職の面談を5-6回行ってくれることも!何度もアドバイスが欲しい方にはピッタリです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です